ぶたにこばん?

投資歴2年目。ワンランク上のいい暮らしを送る情報を探しています。

ふるさと納税はどこからするのがお得?JCB original seriesの場合

お得感が激減したふるさと納税

自分の好きな自治体に寄付をすることによって税金の還付や控除を受けられ、さらに特産品などの返礼品がもらえる制度です。

 

2000円の自己負担額はありますが、返礼品の価値がそれを上回ることがほとんどなのでかなりお得な制度でした。今後は建前上返礼品の価値は3割程度になっているので、5万円の寄付を行えば4万8千円の控除が受けられ、5万×30%=1万5千円分の返礼品が「実質負担2000円」で受けられます。

高所得者ほどお得になる制度で、以前から改悪されるだろうな。とは思っていました。日本は高所得者に非常に風当たりが厳しく、「出る杭は打たれる」。一人で良い思いはするなよ?みんな揃って苦労しようぜ。仕事が終わっても上司が残業していたら帰るなよ。的な足引っ張り合いのお国柄ですから。本当にこの国は大丈夫でしょうか。心配になります。

 

…話はそれましたが、自己負担額の2000円というのはいくら寄付しても変わらないので、たくさん納税する高所得者はその分大量の返礼品を頂くことができます。

 

そもそも人口の多い都市部の自治体ばかり税収が増え、地方の自治体が赤字に喘いでいる状況を打破すべく始まったこの制度ですが、一部の自治体が過熱ともいえる高額返礼品や、金銭価値の高い商品を返礼品に設定したことによって2019年6月から制度改悪の運びとなりました。

去年までは正直還元率50%以上の返礼品が多くあり、各種サイトでも寄付額の○○%分のギフトカード進呈!なんて状態でしたから、多くの方が利用していました。というより利用しない手はない状態でした。

例えば10万円納税できる人は、自己負担額が2000円なのに対して、納税額の10%に当たる1万円のギフトカードがもらえ、さらに返礼品がもらえるという確かに「異常事態」ではありました。「ふるさと納税利用すれば8000円もらえて、お礼の品も上げるよ」ではどう考えても無理が生じるはずです。

 

お得感が激減してしまい、今年からは利用者が激減すると思います。

 

今後のふるさと納税はどこからするのがお得か

各サイトでふるさと納税サイトの比較はすでに行われていると思いますが、今回はJCB original seriesを使用している場合の試算にしました。

「誰得だよ!」ってくらい狭い範囲なので、当てはまらない人にもメリットがあるように多少の情報をつけ足します(;'∀')

まず、JCBのクレジットカード利用で貯まるOki Dokiポイントのサイトで「ふるさと納税」と検索すると5件のふるさと納税サイトがヒットします。

ここを利用すればポイントが〇倍になるのですね。

f:id:kobo2:20190619134816p:plain

JCBを利用する時は必ずOki Dokiサイトを経由しましょう

 

ポイント5倍!!Wowma!ふるさと納税

furusato.wowma.jp

早速1位から見たことないサイトが出てきました(笑)

調べてみるとKDDI系のふるさと納税サイトのようで、2018年10月31日からサービス開始された新しいサイトのようです。

サイトを見る限りはきれいな作りで、問題なく自分の寄付したい自治体を探すことができそうです。掲載数も十分ではないでしょうか。

au ユーザーの方はWALLETポイントを利用する事もできるそうですが、auユーザー目線から言わせてもらえばあまり沢山もらえるポイントではないので旨味は少なそうです。

auの携帯代金と一緒に請求もできるようですが、こちらもメリットとはなりにくそうです。

なによりWowma!のサイトを利用する事によるサイトからの還元がないのが痛く、単純にクレジットカードのポイントが入るのみです。

 

さて、Oki Dokiポイントは1000円につき1ポイントたまり、1ポイント5円程度の価値があるため、JCBプラチナカード(ロイヤルαプラス:年間利用額300万円以上)の還元率は0.85%になります。

これの×5倍となると実に4.25%の還元率になります。10万円寄付すれば4250円分の還元率です。なかなか良い値になりますね。

 

ポイント3倍!さとふる

www.satofull.jp

言わずとしれた大手ふるさと納税サイトです。私も去年までここを利用していました。強みはなんといっても大手ならではの掲載数の多さと、サイトの利用しやすさ。欲しい返礼品がすぐに見つかります。

また、参考になるのがレビュー制度。返礼品の感想などのレビューを見ることができ、初めて寄付する際には参考になります。

さらに、定期的にAmazonギフトキャンペーンを実施しており、2017年は寄付額の10%、2018年は寄付額の5%のギフトコードプレゼントキャンペーンを実施していました。1万円あたり500円分なので、4万円寄付すれば自己負担額2000円は帳消しにできした。

今年はさすがにキャンペーンは行われない可能性があり、こちらもサイトからのポイント還元が0になってしまうのでしょうか。お得なサイトとして自分も使っていただけに残念です。

 

ポイント3倍なので、JCB(MAX還元率0.85%)利用時は2.55%の還元率です。見たこともない新入りWowma!に抜かれてしまいました(´;ω;`)

 

ポイント2倍。ふるさと本舗

furusatohonpo.jp

ふるさと納税で寄付もでき、いつでも購入できる特産品ポータブルサイト。

をコンセプトに、返礼品を受け取った後もその特産品を購入することができる通販機能が付いています。地域の活性化という面からみるとふるさと納税後も通販が利用できるのは素晴らしく、ふるさと納税を意味を最も組み込んでいるサイトでしょうか。

サイトを見ると食品の返礼品が一面に出てきており、食に特化したサイトの印象です。以前のように金券が規制された今となっては食品はふるさと納税の王道となるはずなので一考の余地ありです。

以前はAmazonギフトコードのプレゼント企画もやっていましたが、今回の規制を受けて終了しているそうです。

よってサイトからのポイント還元はなし。

クレジットカードの還元率は0.85%×2倍の1.7%となります。

 

ポイント2倍。ふるなび

 

furunavi.jp

こちらも有名サイトです。特徴としてはギフトカードや家電製品など、資産価値の高い返礼品を数多く扱っている点です。時代には逆行していますが、だからこそ需要があるかもしれません。

今まではふるさと納税でレストランでの食事を楽しむことができる「ふるなびグルメポイント」が人気を博していましたが、この度の改悪に伴い、2019年6月からはサービス終了となってしまいました。

しかし、納税額の1%ではありますが、Amazonギフトコードのプレゼントを行っています。1万円で100円!んん~微妙!!( ,,`・ω・´)

自分は遠く及びませんが、20万円の上限額を持つ人は2000円分のAmazonギフトコードにより自己負担額をチャラにすることができます。

 

ポイント2倍によりJCBクレジットカードの還元率は1.7%となり、Amazonギフトコードと合わせて2.7%となります。

サイトからの還元があるとお得感が増しますね!(以前の10分の1程度ですが)

 

ポイント2倍。ふるさとプレミアム

26p.jp

あまり聞きなれないサイトですが、企業向けに「オフィスでふるさと納税」という独自サービスを行っていたり、以前はギフトカードや家電等の資産価値の高い商品を多数扱っていたようです。(2019年6月19日現在ギフトカードの該当は0件)

 

また、6月30日まで寄付金額の2%のAmazonギフトコードプレゼント(普段は1%)のキャンペーンを行っているようです!

JCBのポイント還元1.7%との合計は3.7%!まずまずの還元率となりました。

 

番外編 楽天ふるさと納税

event.rakuten.co.jp

ポイント還元率でみると必ず上位に出てくるのが楽天ふるさと納税。

楽天はクレジットカード事業も行っているため、楽天カードを発行し、楽天ふるさと納税のサイトで納税を行えばそのシナジーは抜群!

楽天市場での寄付になり、まるでショッピング感覚でふるさと納税を行います。

楽ポイントが決済に使えるほか、寄付することにより楽天ポイントがもらえます。

楽天スーパーセール、お買い物マラソンなど楽天のキャンペーンの対象となるので、うまく活用すれば10%以上のポイント還元を受けることも可能です。

楽天は日本を代表する企業であり、楽天経済圏とも呼ばれる楽天ポイントに基づくシステムが魅力です。

今回今まで利用していた「さとふる」の還元率が激減(今後キャンペーンでギフトカードがもらえる可能性はあり。)してしまったこともあり、今年からは楽天ふるさと納税を利用する事も考えいています。

ただし、還元率を重んじるあまり、ポイントが分散することは大きなデメリットとなります。多少の還元率の損失ならば甘んじて受け入れることも大切です。

 クレジットカードはメインとサブの2枚で十分ですから、悩みどころです。ただ、楽天カードは年会費も無料だし、、、なやむ。

 

さいごに

JCBオリジナルシリーズのクレジットカードを利用する場合はWowma!のOki Dokiポイント5倍を利用するのがよさそうです。

ただし、JCBの還元率0.85%というのは年間300万円以上ハイクラスカードを利用する必要がありますから、やはりサイトからのAmazonギフトコードのプレゼントの方がありがたいです。

単純に還元率のみでみれば楽天経済圏に身を投じるのが最も効率がよさそうでした。

 

ふるさと納税は何万円、人によっては何十万円と毎年寄付することになるので、少しでも還元率が高い寄付方法を選ぶといいでしょう。もちろん、ふるさと納税は自分が得をするだけの制度ではなく、自治体の応援制度でもあります。例えば被災地に寄付をして返礼品を受けとらないことも可能です。災害時にはこのような使い方も便利ですね。

ポータルサイトは手数料がとられるので、単純な自治体応援ならば直接寄付を行う方がよさそうです。泉佐野市の問題はやりすぎ感はハンパなかったものの、問題提起としてはとても良かったのではないかと思います。

各自治体が「さのちょく」のような独自の還元を行うことは今では考えられませんが、今後のふるさと納税を考える中では独自サイトの導入は選択肢なのではないでしょうか。

 

以上誰得ふるさと納税についてでした。

では(。・ω・)ノ゙