ぶたにこばん?

投資歴2年目。ワンランク上のいい暮らしを送る情報を探しています。

宝くじに当たりそうな気がするのは…

宝くじの当選確率

宝くじの1等の当選確率は数百~千万分の1と言われています。ネットに乗っている例えだと、隕石に当たる確率と同じだそうです。(本当かよ)

そんな事ありえるわけないだろ!と突っ込んでしまいそうですが、それでも人は宝くじを買い求めます。

この理由の一つに、人間はとても小さな確率だと現実よりも大きく感じる。ということがあるそうです。

行動経済学ではこれを「確率加重関数」というそうな。

 

1000万分の1の確率は0.00001%です。つまり宝くじは99.99999%1等が当たりません。(刃牙かよ)

でもこう思いませんか?

毎年買っていればもしかしたら1回くらい当たるかも。だって毎年誰かは当たっているんでしょ?

 

そう、絶対といっていいほど当たらない宝くじも当たりそうな気がします。

では1000人のうち999人外れるよ。と言われた1回200円のくじを買いますか?1等は10万円です。

買わない人が多いのではないでしょうか

なんとなく当たらない気がするはずです。これは1000人というのは日常生活で想像ができるからです。

 

ただ、宝くじの例も具体例を考えると現実味を帯びます。

東京ドームに入れる人数が5万5千人、東京ドーム363個満員の人の中から一人だけ宝くじが当たります。

 

上記の確率は年末ジャンボ1等(2千万分の1)の確率だそうです。

 

当たらねぇ…

 

なんなら明日自分が死んでしまう可能性の方が高くないか?と思うほどです。

 

まとめ

言いたいことは何かというと、

投資を始めた時は9割以上が損をする世界ときいて、全く損をすることなんか考えなかったけど、自分だけは簡単に儲けられるなんて考えを捨てて、謙虚に相場に向き合おう、そう考えました。

 

来週も頑張るぞー!

 

では(。・ω・)ノ゙